ゴルフメンタルトレーニング

グリーンからティーグランドを見てみよう

ゴルフをするときは、ティーグランドに立って、グリーンを見ます。

 

そうやって、プレーしていくことが普通のスタイルですが、

 

ゴルフ場は、ティーショットした後は、横幅が広くなりますが

 

グリーンに向かうにつれて、だんだんと狭くなっていきます。

 

曲げてはいけないというプレッシャーとの戦いですね。

 

 

ティーグランドで、ティーショットをするときに、どこを狙って打つかを

 

考えて、ティーショットをします。セカンド地点では、グリーンを狙いますが

 

グリーンというよりも、カップを狙ってショットする方が多いと思います。

 

 

このときに、グリーンにてカップインが終わったら、一度ティーグランド方向を

 

振り返ってみてください。

 

 

今までに、見たことがない景色がそこには映っていることだと思います。

 

 

また、グリーンから、逆に見ることにより、自分のプレーを振り返り

 

そのことから、ゴルフの考え方を切り替えてみることを一度やってみたら

 

いかがでしょうか。

 

 

グリーンから逆に見ることにより、グリーンに仮に乗らなかったときに

 

アプローチのしやすい場所や、ティーショットの落とし場所で

 

一番安全なところも見えるでしょう。

 

 

このことから、心の不安が取り除けて、心配なくショットが行えるということである。

 

 

普段とは、逆に、目標であるカップから逆に作戦を立てることで

 

自分自身をプレッシャーから解放してプレーすることを狙っている。