ゴルフメンタルトレーニング

一打の重みを感じよう

ゴルフは、ミスのゲームであると言うと、非常にマイナーな考え方のように見えるが、管理人は、ゴルフはミスのゲームと思っています。
ミスなくプレーをすれば、パープレーで回ってこれるわけです。
しかし、1打のミスをすれば、1オーバーのスコアーになります。もちろん、ミスをカバーできるファインプレーやラッキーなプレーが出たら、ミスを帳消しになると思いますが。

 

パー72のコースでノーミスならば、72というスコアー出回って来れます。しかし、72以下のスコアーで回ってこれる人は、わずか一握りです。私の勘では、0.1%にも満たないのではないでしょうか。

 

ハンディキャップ9以下の人をシングル(ハンディキャップ)と言いますが、この人たちは日本のゴルファーのなかでも、ごく一部の人になりますが、18ホールをプレーして、9オーバーまでで、プレーをしてくる人のことです。瞬間で9オーバーのスコアーでなくて、数試合の平均が9オーバーまでと言うことです。
この人たちは、2ホールに1回しかミスが出来ません。つまり、ショット・パット含め8打で1回のミスしか許されない世界に住んでいる人たちです。(パー72で計算して、1ホールは4打になる為、2ホールでは8打と言う計算)
この人たちは、出だしの1番ホールで、ティーショットOBしたとしましょう。その場合は、そこから、OBの2ペナルティを除き、4番ホールまでパープレーで回らないといけないのです。凄いプレッシャーになります。(4ホールで、2打のミスまで許せる世界。)